偉大な男トーレスの最終ゲーム。イニエスタは黄金の輝きで華を添えた

偉大な男トーレスの最終ゲーム。イニエスタは黄金の輝きで華を添えた

偉大な男トーレスの最終ゲーム。イニエスタは黄金の輝きで華を添えたの画像

――18年間の選手人生に後悔はありますか?

「何もない」

 フェルナンド・トーレス(サガン鳥栖、35歳)は、落ち着いた声音でそう言い切った。

 現役最後の試合が終わってから、すでに2時間近くが経過していた。トーレスはセレモニーでファンに感謝を伝え、何度も手を振った。そして大勢の報道陣に囲まれた記者会見を、質疑応答を遮ることなく長々と続けた。真摯な姿勢が彼らしい。

「自分は出会いに恵まれ、幸せなサッカー人生を送ることができた。好きなことを仕事にできたのは幸運だったと思う。恐れることなく、あきらめず戦い続けた」

 トーレスは言った。世界最高のストライカーの称号を得た男のサッカー人生。それは、言葉で語れるようなものではない。この日、盟友アンドレス・イニエスタは、そのプレーでトーレスのサッカー人生を投影した――。


現役最後の試合でファンに手を振るフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)

 8月23日、駅前不動産スタジアム。ヴィッセル神戸戦のウォーミングアップから、トーレスの表情は穏やかだった。引退試合だが、気負いは見えない。18年間、トップリーグでプレーし続けてきた分厚い経験が重石になっているのだろう。

 2001年にプロデビューしたトーレスは、アトレティコ・マドリード、リバプール、チェルシー、ミランというビッグクラブを渡り歩いた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)