首位FC東京、独走のチャンスを逃す。いま求められる「第三の男」

首位FC東京、独走のチャンスを逃す。いま求められる「第三の男」

首位FC東京、独走のチャンスを逃す。いま求められる「第三の男」の画像

J1リーグ第24節。前節の清水エスパルス戦に大量8得点で大勝した北海道コンサドーレ札幌が、ホームに首位のFC東京を迎えた。

 注目はジェイ、鈴木武蔵、チャナティップの3人でフィニッシュまで持っていける札幌の攻撃陣と、FC東京のディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑の強力ツートップの対決だ。


札幌戦で厳しいマークにあった永井謙佑(FC東京)

 試合は札幌がFC東京のツートップを警戒したのか、引いてブロックを作り、カウンターが得意なFC東京が試合の主導援を握る展開で始まった。そんななかでも、札幌はチャナティップが攻撃の起点となり5分、28分とチャンスを作る。一方のFC東京も22分に永井のシュートがGKに阻まれ、35分には中央でフリーだったディエゴ・オリヴェイラのシュートが右に外れるなど、お互いにチャンスはあったが、決め切れない。

 試合が動いたのは前半38分。右サイドでFKを得たFC東京は、東慶悟のクロスを渡辺剛がヘッドで決めて先制する。前半はそのまま0−1で折り返した。

 後半になると札幌がギアを上げる。後半2分、チャナティップから左サイドの菅大輝へとつなぎ、菅のクロスを鈴木がシュート。するとボールはゴール前にいたジェイのかかとに当たり、FC東京のゴールに吸い込まれた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)