川崎フロンターレ3連覇に黄信号。リーグ最多のドロー数が影を落とす

川崎フロンターレ3連覇に黄信号。リーグ最多のドロー数が影を落とす

川崎フロンターレ3連覇に黄信号。リーグ最多のドロー数が影を落とすの画像

3連覇への道がいよいよ険しくなってきた。

 J1第24節、川崎フロンターレは清水エスパルスをホームに迎え、2−2で引き分けた。

 同じ日に行なわれた試合で、首位のFC東京がコンサドーレ札幌と1−1で引き分けたため、川崎にとっては勝ち点差をつめるチャンスだったが、それどころか、前節終了時点で5位だった横浜F・マリノスが名古屋グランパスに5−1と勝利したことで、川崎は3位から4位へと転落した。

 これで川崎は、リーグ戦の最近5試合連続で勝利なし(2敗3分け)。7月27日(J1第20節vs大分トリニータ)以来、およそ1カ月も勝利の女神に見放されている。


同点ゴールを決めた小林悠(一番右)がチームメイトに檄を飛ばすが...

 今季J1も、すでに全日程の3分の2以上を消化した。残り10節の現段階で、川崎は首位との勝ち点差8。3連覇は絶望的、とまでは言わないまでも、かなり厳しい状況に追い込まれているのは間違いない。

 いつもは、どんな質問に対しても柔和な対応を見せる川崎の鬼木達監督も、清水戦後の記者会見では心なしか表情がこわばって見えた。

「失点の仕方で反省しないといけないことを、何試合か続けている。チームでも、個人でも改善しなければいけない」

 川崎がJ1屈指の攻撃力を備えたチームであることは、今さら言うまでもないだろう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)