F1後半戦展望。スペック4投入でレッドブル・ホンダが主役に躍り出る

次の第13戦・ベルギーGPはマックス・フェルスタッペンの地元オランダから近く、大応援団が訪れる準地元レースという事情もある。第15戦・シンガポールGPは好成績が期待できるうえにコース上での追い抜きが難しく、ロシアGPまで現在のスペック3のマイレージを保たせることは難しいため、スペック4はイタリアGPまでに投入される公算が高い。
 その出来次第では、シーズン後半戦のレッドブル・ホンダとフェルスタッペンは選手権の主役に躍り出る可能性も十分にある。それだけの期待を抱かせてくれる、フランスGP以降のシーズン前半戦だった。

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)