2年目のTリーグ開幕。男子は勢力図に変化も、ダントツ優勝候補は不変

2年目のTリーグ開幕。男子は勢力図に変化も、ダントツ優勝候補は不変

2年目のTリーグ開幕。男子は勢力図に変化も、ダントツ優勝候補は不変の画像

いよいよ8月29日(木)からTリーグの2シーズン目が開幕する。昨シーズンと比べチーム内の顔ぶれが変わり、それに伴い各チームの勢力図も変化。今回は男子の各チームの新戦力を含めた注目選手とともに、それぞれの戦力分析を行なっていく。

張本智和をはじめ、水谷隼、丹羽孝希の日本トップ3が所属する木下。盤石の体制だ

 Tリーグの初代王者である木下マイスター東京は、今シーズンも優勝候補筆頭だ。全日本選手権10回の優勝を誇る水谷隼と、今や日本のエースである世界ランク日本人最高位の張本智和のダブルエースは残留。そこにさらなる戦力として、琉球アスティーダから世界ランキング10位の丹羽孝希が加入した。これで世界ランク日本人男子トップ3が所属することになり、昨シーズン以上の圧倒的な成績での2連覇が期待される。
 しかし、昨シーズンはシングルスで層の厚さを見せたものの、ダブルスでは思うように勝ち星を積み重ねられなかった印象だ。さまざまなペアを試したが、最後まで固定できないままシーズンは閉幕。Tリーグではダブルスが第1マッチとなるため、その勝敗は試合の行方を大きく左右する。木下にとって、絶対的な組み合わせを探せるかどうかがカギとなりそうだ。
【木下マイスター東京】(◯は新加入選手)
水谷隼
大島祐哉
張本智和
ホウ・エイチョウ(中国)
田添健汰
田添響
丹羽孝希 ◯
宇田幸矢 ◯
 昨シーズン、惜しくも優勝を逃したものの、ダブルスの勝率が最も高かったのが岡山リベッツだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)