リーマンショック発生でF1を目前に帰国。それでも塚越広大は走り続ける

リーマンショック発生でF1を目前に帰国。それでも塚越広大は走り続ける

リーマンショック発生でF1を目前に帰国。それでも塚越広大は走り続けるの画像

【スポルティーバ Interviews】
塚越広大 TSUKAKOSHI KOUDAI プロとして生きる術 >>前編を読む

 

■2008年秋に発生した国際的な金融危機「リーマンショック」は、モータースポーツの世界も直撃した。自動車メーカーは経営が悪化し、ホンダやBMWはF1からの撤退を余儀なくされ、モータースポーツ活動を縮小する。その影響を受け、子どもの頃からの夢だったF1の目前まで迫っていた塚越のレース人生は大きく変わっていくことになる。
――2008年に21歳でレース本場のヨーロッパに渡り、ミドルフォーミュラのヨーロッパF3に参戦。シーズン終了後にはF1直下のGP2のテストに参加して好タイムをマーク。順調にステップを重ねていたところに、リーマンショックが発生します。ホンダはF1の撤退を発表し、塚越選手も帰国することになりましたが、国内レースのシートはまったくない。まさに天国から地獄という状況です。
「ホンダの方にも『2009年のシートはない』と言われ、本当にツラかったですね……。そんな中で、リアルレーシングの金石勝智監督から08年12月に電話をいただき、日本最高峰フォーミュラカーレース、フォーミュラ・ニッポンのオーディション参加の機会を与えていただきました。そのテストでトップタイムを出すことができ、何とかシート獲得につなげることができました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)