ダニ・アウベスの帰還にブラジル中が熱狂。主将として「W杯を目指す」



 本人は、「2022年W杯出場を目指す」と明言する。9月に予定されている代表の強化試合2連戦にも招集され、キャプテンとしてチームを牽引するはずだ。彼が来年3月に始まるカタールW杯南米予選でどのようなプレーを見せるのか、そして2022年の本大会に39歳6カ月で出場し、セレソンを世界の頂点に導くことができるのか。
 この年齢で現在のようなプレーができること自体、驚異的だが、今後は忍び寄るであろう肉体的な衰えや故障、世界最高峰の舞台を離れたことで生じかねないモチベーション低下などとも戦わなければならない。

 2013年にネイマールがサントスからバルセロナへ移籍して以降、ブラジル国内には傑出した実力と人気を備えたスター選手がいなかった。その意味でもダニ・アウベスには、この国のフットボール全体を盛り上げる役割を担うことも期待される。

 クラブとセレソンにおけるダニ・アウベスのプレーをじっくり堪能したい。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)