楽しさもつらさも知る臥牙丸が語った「お相撲さんでいるということ」

楽しさもつらさも知る臥牙丸が語った「お相撲さんでいるということ」

楽しさもつらさも知る臥牙丸が語った「お相撲さんでいるということ」の画像

向正面から世界が見える〜
大相撲・外国人力士物語
第2回:臥牙丸(後編)

身長186p、体重200s超。パワーあふれる取り口で、ファンから「ガガちゃん」の愛称で親しまれる臥牙丸は2005年、グルジア(現・ジョージア)から来日し、角界入りした。明るく人懐っこい性格で、力士仲間たちからも愛されている臥牙丸。現在、十両で相撲を取る彼が、これまでの相撲人生を振り返る――。

       ◆       ◆       ◆

 2009年の九州場所(11月場所)、新十両に昇進した時は本当にうれしかった。幕下が長かっただけに、特別な思いがあったし、幕下優勝の表彰式から引き揚げる時、(同郷の)黒海関と栃ノ心が花道の奥で出迎えてくれたのにも、感激した。2人とも、それまでの僕をはがゆく思っているのは知っていたし、ようやく2人に近づけたという意味で、忘れられない思い出になっています。

 でも、僕がくすぶっている間に、ジョージアで悲しい出来事が起きてしまって……。黒海関の家と僕の家は近所で、お父さん同士も仲良くしているんですが、2006年に黒海関のお父さんが病気で亡くなり、その半年後に、僕のお父さんが交通事故で亡くなってしまった。

 それで、相撲を辞めることを覚悟して、黒海関に相談したら「自分のためだけにがんばるんじゃなくて、(亡くなった)お父さんのために、相撲をがんばらないと」と言ってくれたんです。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)