久保建英がバロンドール級になるために必要なのは「縦への推進力」だ

久保建英がバロンドール級になるために必要なのは「縦への推進力」だ

久保建英がバロンドール級になるために必要なのは「縦への推進力」だの画像

パラグアイ戦。日本は2ゴールを挙げて勝利した。大迫勇也(ブレーメン)が挙げた1点目、南野拓実(ザルツブルグ)が挙げた2点目は、いずれも左右の両サイドバック(長友佑都/ガラタサライ、酒井宏樹/マルセイユ)の折り返しを蹴り込んだものだった。


パラグアイ戦の後半から出場した久保建英

 両サイドバックが活躍した方が勝つ――という近代サッカーの定説に従えば、日本の勝利には必然性があった。そしてそれぞれのシーンには、サイドバックの上で構える4−2−3−1の3の両サイドも絡んでいた。

 その1本前でパスの送り手になったのは中島翔哉(ポルト)と堂安律(PSV)だった。日本の2ゴールは、いずれも両サイドに各2人いるサイドアタッカーがチャンスを作り、真ん中のアタッカーが得点者となった。

 試合前の会見で、3バックか4バックかの選択を問われた森保一監督は「どちらの布陣を採用するにしても原理原則は同じだ」と述べている。その原理原則とは何なのか、その中身を語らずに「同じだ」と言われて納得することはできない。このパラグアイ戦の2得点は、サイドアタッカーが両サイド各1人の3−4−2−1系の3バック(5バック)であったら、生まれていただろうか。4−2−3−1の産物と言うべきだろう。

 中島と堂安、長友と酒井。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)