3試合連続ゴール中の大迫勇也。エース好調の要因はふたつある

3試合連続ゴール中の大迫勇也。エース好調の要因はふたつある

3試合連続ゴール中の大迫勇也。エース好調の要因はふたつあるの画像

パラグアイ戦で先制点を挙げた大迫勇也が好調だ。


パラグアイ戦で先制ゴールを挙げた大迫勇也

 2シーズン目を迎えたブレーメンでは、ここまでドイツ杯1試合、リーグ戦3試合の合計4試合に出場し、そのうち3試合で得点。直近のアウクスブルク戦では2得点を挙げている。ドイツでの2試合連続得点はケルンに所属していた2018年3月以来のこと。パラグアイ戦まで含めれば、3試合連続得点中なのだ。

「2試合連続は久しぶり? あれ、そうだっけ。(パラグアイ戦で)3試合連続と言っても、これも別の試合だからね……」
 
 どこ吹く風ではあるが、ストライカーの表情は明るい。

 好調の要因はふたつある。ひとつはフロリアン・コーフェルト監督からFWとして絶大なる信頼を寄せられていることだ。

 かつての大迫には、器用な選手である一方、シュート技術だけがその器用さに追いついていない印象が強かった。ボールを受けて、シュートモーションに入るまでは完璧なのだが、ミートしたあとにため息をつく、ということが多かった。実際、2014年にドイツに渡ってから、シーズン最高は7得点にとどまっている。ケルン時代は、得点力よりも、どこのポジションでもこなせる器用さを評価され、サイドや中盤などさまざまな役回りを経験した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)