巻誠一郎がブラジルのレジェンドから学ぶ「多様なセカンドキャリア」

巻誠一郎がブラジルのレジェンドから学ぶ「多様なセカンドキャリア」

巻誠一郎がブラジルのレジェンドから学ぶ「多様なセカンドキャリア」の画像

エジミウソンと巻誠一郎。共にW杯戦士であり、元ブラジル代表のエジミウソンは、ワールドカップとUEFAチャンピオンズリーグの両方で優勝した、数少ない選手のひとりでもある。両者とも現役引退後、ビジネスと社会貢献に精を出し、子どもたちの育成のほか、社会環境の改善にも取り組んでいる。そんな彼らが「セカンドキャリア」をテーマに対談の機会を持った。トップアスリートだった彼らは、現役時代に培ったものを次のステージでどのように活かしていくのか?

選手の育成で大切なのは人間形成

巻 今回はセカンドキャリアについて、話をさせてもらえればと思います。私はサッカー、教育、医療、介護などさまざまなジャンルを通じて、社会に貢献できればと思い、セカンドキャリアを始めました。医療ではaiwellという会社の社外取締役として、『未病』(注:病気を未然に防ぐこと)にアプローチする活動に取り組んでいます。エジミウソンさんは、引退後はどのような活動をされているのでしょうか?

エジミウソン 現役時代に立ち上げたエジミウソン財団の活動と、バルセロナ、フランスのリーグ・アンのアンバサダーをしています。さらに、動画によるサッカーの分析ソフトウェアの開発にも携わり、今年から「FCスカイ ブラジル」というプロ選手育成のサッカークラブを設立し、子どもたちのサポートと選手の育成に携わることも始めました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)