東京五輪で金メダルの可能性大。空手「形」男女のエースが圧巻の優勝

東京五輪で金メダルの可能性大。空手「形」男女のエースが圧巻の優勝

東京五輪で金メダルの可能性大。空手「形」男女のエースが圧巻の優勝の画像

日本武道館は異様な雰囲気に包まれていた。
 2020年東京五輪で初実施される、空手のプレミアリーグ東京大会の最終日(9月8日)。女子「形」の決勝で相まみえたのは、日本の絶対エースで2014年、2016年と世界選手権を2連覇した清水希容(しみず・きよう/ミキハウス)と、2018年の世界選手権決勝で清水の連覇を止めたサンドラ・サンチェス(スペイン)。互いにもっとも得意とする、複雑な突きと蹴りを組み合わせた難易度の高い「チャタンヤラクーサンクー」を打ち合った試合は、歴史に残る名勝負になった。


形で優勝した女子の清水希容(左)と男子の喜友名諒(右)

 スピード感あふれる動きと、技のキレで勝負する清水。対照的に、ダイナミックな動きから力強い技を繰り出すサンチェス。審判7人による採点で、共に30点満点で27.68点という高得点を叩き出し、最高点と最低点もまったく同じで勝敗がつかずに”空手史上初”の再試合にもつれ込んだ。
 相手と闘う「組手」に対して、「形」は攻防を想定し、ひとりで突き、蹴り、受けを組み合わせた演武を行なって勝敗を争う。昨年までは5人の審判による旗判定で勝敗が決まっていたが、東京五輪で実施されることを見据え、わかりやすくするために今年1月から7人の審判による採点で勝敗が決するようになった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)