秋山幸二が日本一を決めた犠牲フライ。古田と岡林の配球を読んでいた

秋山幸二が日本一を決めた犠牲フライ。古田と岡林の配球を読んでいた

秋山幸二が日本一を決めた犠牲フライ。古田と岡林の配球を読んでいたの画像

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(34)
【背番号1】西武・秋山幸二 後編
(前編はこちら>>)
【1992年第6戦、秋山が犯した走塁ミス】

――1992(平成4)年日本シリーズ、ライオンズの3勝2敗で迎えた第6戦について伺います。6−7と1点ビハインドの9回表ツーアウト一塁の場面で打席に入ったのが秋山さんでした。まずはこの場面の映像を見ていただけますか?

秋山 おぉ、大塚(光二)が一塁ランナーか。今、東北福祉大の監督をしてるよね。ここで、僕が右中間に打って、大塚が一気にホームインして同点。……あぁ、バックホームの間に僕が二塁に進塁しなかったことで、(サードコーチャーの)伊原(春樹)さんが怒ってるね(笑)。


映像を見ながら当時を振り返る秋山氏 photo by Hasegawa Shoichi

――はい。9回ツーアウトから起死回生の走塁で同点に追いついたにもかかわらず、それでも浮かれることなく、ミスを叱責する伊原さんの姿こそ、「ライオンズの強さ」の象徴であるように思えます。当事者として、この場面はどう振り返りますか?

秋山 これはオレのミスだね(笑)。目の前を(ホームへの)返球が通過したことで、つい止まってしまったんでしょう。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)