2−0勝利とその中身をどう捉えるか。日本は試合の整え力を欠いている

2−0勝利とその中身をどう捉えるか。日本は試合の整え力を欠いている

2−0勝利とその中身をどう捉えるか。日本は試合の整え力を欠いているの画像

ミャンマー戦。日本はアウェーで2−0の勝利を収めた。ある尺度に照らせば喜ぶべき試合だが、別の尺度に照らせば喜べない試合となる。日本はどんなスタンスでこの試合に臨んだのか。評価はその点に委ねられる。


ミャンマー戦の前半16分、先制ゴールを決めた中島翔哉

 ミャンマーのシュート数は2。日本のペナルティエリア内でボールを保持した回数も1回あるかないかだった。予想どおりというか、見てのとおりというか、ミャンマーは弱かった。

 森保一監督は日本とミャンマーとの間に存在する実力差を、戦前どう捉えていたのか。そしてこの試合に何を求めていたのか。もっと言えば、どれほどのスコアで勝ちたかったのか。

 スタメンは、9月5日に鹿島で対戦したパラグアイ戦と同じだった。2試合続けてベストメンバーを並べたわけだ。パラグアイは実力国。しかし、蓋を開けてみれば、コンディションに難を抱え、日本はあっさり2−0で勝利することができた。

 そのパラグアイより圧倒的に弱いミャンマーに対し、日本は同じメンバーで臨み、スコアも同様に2−0だった。アウェーなど条件は違うにせよ、この現実をどう捉えるべきか。

 少なくとも試合直後の選手たちに笑顔はなかった。試合後の森保監督も、2点で打ち止めになったことについて、不満を口にしていた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)