日本サッカー指導者が中国に進出。「元祖・天才」菊原志郎が語る実情

日本サッカー指導者が中国に進出。「元祖・天才」菊原志郎が語る実情

日本サッカー指導者が中国に進出。「元祖・天才」菊原志郎が語る実情の画像

広州富力足球倶楽部ヘッド・オブ・ユースアカデミー・コーチング
菊原志郎インタビュー(1)
 近年、日本人指導者の中国行きが相次いでいる。日本のJリーグにあたる、中国スーパーリーグのクラブがアカデミー(育成組織)を持つことが義務付けられ、各クラブは指導者の獲得に奔走。スペインやオランダ、ポルトガル、セルビア、ブラジル、日本など、世界各国の優秀な指導者に白羽の矢が立てられた。

中国の広州富力の育成年代を指導する菊原志郎

 かつて読売クラブの「天才」と言われた菊原志郎も、中国で指導をするひとりだ。所属するのは広州富力。オーナーを務める富力グループは、不動産開発や中国のグランドハイアットやリッツ・カールトンなどのホテル事業ほか、多角的な事業を営む大企業である。
 トップチームの監督はドラガン・ストイコビッチ。2015年に、名古屋グランパスでフィジカルコーチ/ヘッドコーチとしてチームを支えた喜熨斗勝史(きのし・かつひと)を従えて、広州富力の指揮を執ることとなった。菊原は喜熨斗とS級ライセンスの同期であり、互いに人柄と指導力を認める仲だった。折に触れて、喜熨斗から「中国行き」の打診を受けていたものの、菊原は「タイミングが合わなくて」と固辞していたが、2018年に海を渡ることになった。
 現役時代の菊原は、1986年に16歳7カ月で日本リーグデビューを果たし、「天才少年」と呼ばれた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)