神野大地がMGCへ自信「積み上げたものは31人のなかで一番ある」

神野大地がMGCへ自信「積み上げたものは31人のなかで一番ある」

神野大地がMGCへ自信「積み上げたものは31人のなかで一番ある」の画像

神野プロジェクト Road to 2020(35)
前回の記事はこちら>>
 ついに決戦の時がやってきた。

 神野大地は、MGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)のために3度目となるケニア合宿を行ない、2300mの高地で5週間の厳しい練習に取り組んだ。

「今回は、以前とずいぶん違う合宿になりました」

 神野はそう言う。

「今までは現地のグループに参加して、その練習に僕が合わせて、がむしゃらに練習するという感じだったんですけど、それはやめました。5週間のスケジュールを考え、ニコラス(・コリール)やこれまでケニアに行った時に仲良くなったランナーたちに、今までとは逆に僕のメニューに参加してもらって、MGCで勝つための練習をやるようにしたんです」


「ここまで順調にきた」とMGCに向けて自信をのぞかせる神野大地

 練習のなかで最も力を入れていたのが、「離れ癖」をつけないことだった。

 マラソンは先頭集団が形成され、そのグループがレースを引っ張っていく。今回はタイムというよりも順位の勝負になるので、そこについていけないと五輪出場の切符を賭けた戦いから脱落してしまうことになる。

「とにかくきつくても離れない、我慢するという練習を繰り返してきました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)