スーパーGTで波乱。難解コンディションがふたりのヒーローを生んだ

スーパーGTで波乱。難解コンディションがふたりのヒーローを生んだ

スーパーGTで波乱。難解コンディションがふたりのヒーローを生んだの画像

9月7日・8日に大分県のオートポリスで開催されたスーパーGT第6戦は、不安定な天候によって大波乱のレースとなり、最後まで誰が勝つかわからない展開となった。

 その混戦を制したのは、GT500クラスはレクサス。ヘイキ・コバライネン/中山雄一のDENSO KOBELCO SARD LC500(ナンバー39)が今季初優勝を遂げた。一方、GT300クラスは吉本大樹/宮田莉朋のSYNTIUM LMcorsa RC F GT3(ナンバー60)が優勝し、こちらもレクサスが制した。


GT500クラスを制した中山雄一(左)とヘイキ・コバライネン(右)

 まず、GT500クラスで優勝した39号車は、1年2カ月ぶりの美酒を味わったコバライネンもさることながら、今季からGT500にステップアップした28歳の中山雄一に注目したい。

 中山は2013年に全日本F3選手権でチャンピオンに輝くと、2014年にはスーパーフォーミュラに参戦。そして2015年からは、スーパーGTのGT300クラスでフル参戦するチャンスを掴んだ。

 だが、GT300クラスでは、2015年=3位、2016年=2位、2017年=3位と、毎年チャンピオン争いに絡むも、最後は一歩及ばず。GT500クラスにステップアップするチャンスもなかなか得られなかった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)