八重樫幸雄は野球少年に伝えたい「オープンスタンスはマネちゃだめ」

八重樫幸雄は野球少年に伝えたい「オープンスタンスはマネちゃだめ」

八重樫幸雄は野球少年に伝えたい「オープンスタンスはマネちゃだめ」の画像

連載第4回
【「グラウンドは笑う場所ではないから」】

――この連載スタート後、想像以上の反響があって、一部熱狂的なファンが増えているそうですよ、八重樫さん!

八重樫 えっ、そうなの? 

――7月に行なわれた、ヤクルトの歴代スター選手が一堂に会したOB戦・ドリームゲームでも、八重樫さんに対する応援はひと際、大きかったように思います。連載1回目でも書きましたが、やはり、「時代は八重樫さんを求めている」んですよ。ご自分では、この人気をどのようにお考えですか?

八重樫 自分ではわからないよ、そんなの全然、興味ないから(笑)。でも、プロ入りしてから引退するまで、ずっと力を抜くことなく頑張ってきたことが、認められたのかな? 昔、稲葉(篤紀・現侍ジャパン監督)が現役だった頃、攻守交替の時に、いつも全力疾走していたよね。


左足を開いて構えるオープンスタンスが印象的だった八重樫氏 photo by Sankei Visual

――はい。ヤクルト時代も、日本ハムに移籍後も、稲葉さんは攻守交替の時にはライトとベンチの間を、常に全力疾走をしていました。

八重樫 彼がヤクルトにいた頃、ある人に、「そんなことで無駄にスタミナをロスするな」と怒られたんだよね。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)