上地結衣は攻撃テニスを貫く。元女王vs現女王、新たな物語の始まり

上地結衣は攻撃テニスを貫く。元女王vs現女王、新たな物語の始まり

上地結衣は攻撃テニスを貫く。元女王vs現女王、新たな物語の始まりの画像

今年1月――。

 南半球のメルボルンで行なわれた全豪オープン決勝戦で、彼女は「こんなにボコボコにやられたのは久しぶり」と、苦笑いをこぼす敗戦を喫した。

 スコアは、0−6、2−6。対戦相手は、22歳のディード・デグルート(オランダ)。

 上地結衣のライバルにして、女子車いすテニス界の頂点に君臨する、現在の女王である。


全米オープン決勝で再び女王デグルートと対戦した上地結衣

 全豪でのこの一戦は、それまでふたりが重ねてきた23度の対戦のなかでも、最も一方的な展開になった試合のひとつだった。

 ただ、その敗戦のなかにも、上地が「唯一、よかった」と手応えを掴んだプレーがある。それが、第2セットで決めたボレー。

「前に出る展開に、今年は取り組んでいきたい」

 ライバルを倒すために進むべき道を、そのボレーは指し示していた。

 それから、8カ月後――。

 ふたりは戦いの場をニューヨークに移し、またも四大大会の頂点をかけて相対する。両者の対戦は、今季だけでも7度目。戦績は5勝2敗で、デグルートが優勢に立っていた。

 過去の上地とデグルートの対戦は、デグルートが仕掛け、それに対抗する術(すべ)を上地が見出す構図だったと言えるだろう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)