室屋義秀が明かすエアレース最終戦の裏側。次の行き先は「見えている」

室屋義秀が明かすエアレース最終戦の裏側。次の行き先は「見えている」

室屋義秀が明かすエアレース最終戦の裏側。次の行き先は「見えている」の画像

きっかけは、2008年の終わりごろだっただろうか、あるウェブメディアから受けた1本の電話だった。

「来年からエアレースに参戦する日本人がいるんです。インタビューしてみませんか」

 そのルーキーパイロットこそが、のちにレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップで、世界チャンピオンにまで上り詰める室屋義秀である。

 こうして始まった室屋の取材は、途中休止期間はあったものの、かれこれ10年ほど続いている。レースが終わる度に現地で、あるいは室屋が帰国後に話を聞き、レースレポートやコラムという形でまとめた原稿が、複数のメディアに掲載されてきた。

 室屋が通算8シーズンで出場したレース数は54。あらためて数えてみたら、そのうち39戦を現地で取材させてもらった。その数には正直、自分でも驚いている。

 9月8日、今季限りで終了するレッドブル・エアレースのラストレースも、千葉・幕張海浜公園で取材させてもらった。レース序盤から波乱の展開で進むなか、室屋は3度目の千葉戦制覇で有終の美を飾った。年間総合優勝にはわずか1ポイント差で届かなかったが、室屋は笑顔だった。「100%満足している」。そんな言葉も、本人の口から聞くことができた。すばらしいフィナーレだった。

 ところが、だ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)