大谷翔平の成績で特筆すべきこと。30本塁打30盗塁の夢が見えていた

大谷翔平の成績で特筆すべきこと。30本塁打30盗塁の夢が見えていた

大谷翔平の成績で特筆すべきこと。30本塁打30盗塁の夢が見えていたの画像

近年のメジャーリーグは「フライボール革命」によって、ホームランの数が激増しています。1990年代から2000年代初頭にかけてのステロイド時代のように、ホームランの乱れ飛ぶゲームが多く見られるようになりました。

 レギュラーシーズンの総本塁打は、2017年に史上最多の6105本を記録。ところが、今年は9月11日に早くも更新するほど、両リーグでホームランが量産されています。


大谷翔平は今シーズン、不動の3番バッターとして活躍した

 その一方で、激減しているのが盗塁数です。2011年にメジャー全体で3279個だった盗塁数が、2018年には2474個まで減少。今年の盗塁数も、それをさらに下回る見込みです。

 その原因は、選手が「走らなくなった」というより、「走る必要がなくなった」と言ったほうが正しいでしょう。セイバーメトリクスの進化により、リスクを犯して進塁するよりもホームランでランナーを生還させたほうが効率がいい、という考え方が広まったからです。

 また、このような時代の変化は、打順にも影響を及ぼすようになってきました。

 古くはベーブ・ルースをはじめ、メジャーの長い歴史においてチームの最強打者は皆、3番を任されました。しかし、セイバーメトリクスの分析によって、現在の最強打者は2番を打つ傾向が増えつつあります。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)