師匠が下した英断。横綱・鶴竜が日本語をすぐにマスターできたわけ

師匠が下した英断。横綱・鶴竜が日本語をすぐにマスターできたわけ

師匠が下した英断。横綱・鶴竜が日本語をすぐにマスターできたわけの画像

向正面から世界が見える〜
大相撲・外国人力士物語
第3回:鶴竜(2)

 白熱した戦いが続いている大相撲秋場所(9月場所)。先場所の名古屋場所(7月場所)で賜杯を抱いた横綱・鶴竜も、2場所連続優勝に向けて奮闘中だ。2001年、16歳の時にモンゴルから来日し、同年の九州場所(11月場所)で初土俵を踏んだ鶴竜。そこから紆余曲折あって、2014年春場所(3月場所)で優勝し、ついに横綱昇進を決めた。以降、好角家を唸らせる取り口と、穏やかな人柄でファンを魅了し続ける横綱。彼がこの先に見据えるものとは――。

       ◆       ◆       ◆

「力士になりたい」と強く思った私は、父の勤務先の人が送ってくれた日本の相撲雑誌の中にあった2カ所の住所に「入門したい」という内容の手紙を送ったんです。

 2通のうち1通は、相撲記者クラブの人が読んでくれたようなんですが、「ここは相撲部屋じゃないから、入門させたりすることはできません」といった手紙が来て……。それで「ダメか……」と思っていたら、ウランバートルの自宅に日本から電話がかかってきたんですよ。

 電話をくれたのは、井筒部屋のおかみさんだったのですが、もちろん相手が言っていることがさっぱりわからない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)