「シブコ・フィーバー」に衰えなしも、渋野日向子が振るわなかった理由

「シブコ・フィーバー」に衰えなしも、渋野日向子が振るわなかった理由

「シブコ・フィーバー」に衰えなしも、渋野日向子が振るわなかった理由の画像

前日の2日目に「75」を叩き、オーバーパーなしのラウンド記録は「29」でストップした渋野日向子だったが、”シブコ・フィーバー”がひと息つく様子は微塵もなかった。

 試合会場となるチェリーヒルズゴルフクラブの最寄り駅、神戸電鉄粟生線「恵比須駅」に到着すれば、駅前広場には長蛇の列が伸びていた。会場行きのシャトルバスを待つ観衆の列である。「嵐のコンサートに来たみたいやなぁ〜」とは、行列の前で並んでいたおばさんの言葉だ。

 マイカーで駆けつけた観衆は、その専用駐車場に到着するまで、大渋滞に巻き込まれたと聞く。渋野の出身はお隣の岡山県。彼女は、地元の誰もが誇りたくなるヒロインなのだろう――。


大勢のギャラリーに囲まれてプレーする渋野日向子

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯3日目。

 通算1オーバー。トップをいく畑岡奈紗と9打差でスタートした渋野だったが、2日目同様、ボギースタートとなった。2番のパー3でボギー。しかし、3番のパー5でバーディーを奪い返す。

 予想をはるかに超えた混雑で、こちらが現場に到着して生でそのプレーを見たのは、5番(パー4)からで、右のラフからのセカンドショットだった。その直前にほぼ同じ場所から打った同組のフェービー・ヤオはフェアウェーに出すだけで、3打目勝負を狙ったが、パワーのある渋野は果敢にもグリーンを狙い、2オンに成功した。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)