羽生結弦ら日本勢に影響は? 今季ルールと見どころを国際審判員に聞く

羽生結弦ら日本勢に影響は? 今季ルールと見どころを国際審判員に聞く

羽生結弦ら日本勢に影響は? 今季ルールと見どころを国際審判員に聞くの画像

昨シーズンは大幅なルール改正が行なわれたフィギュアスケート。今季も若干のマイナーチェンジかある。主なものを挙げると――。

●ジャンプの回転不足(アンダーローテーション)とエッジエラーのe判定の場合、基礎点の80%になる。
●アンダーローテーションのGOEのマイナス幅がやや緩和される。
●1回転オイラー(ハーフループジャンプ)のアンダーローテーション判定はなくなり、GOEで減点となる。
●1回および複数の転倒または重大なエラーを含む演技の演技構成点の最高点が明文化され、最大点が下がる。

 これらについて、今季も国際大会のジャッジを務める予定の吉岡伸彦氏は、次のように説明してくれた。

「1回転オイラーがなくなるかと思いましたが、なくならず、ほとんど何も変わっていないと言ってもいいかもしれません。昨季までは1回転オイラーにもアンダーローテーションがつきましたが、今季からはシングルジャンプとして認めるものの、アンダーローテーションは取らないことになりました。また、回転不足の範囲が4分の1以上、2分の1未満のアンダーローテーションについては減点幅が小さくなり、今季は基礎点の80%(昨季は75%)を与えることになりました。ただ、いずれも昨シーズンのような大きな変更ではありません」
 
 昨季からの新ルールでは回転不足の判定が厳格化されたが、今回のルール変更でアンダーローテーション時の得点がアップされたのは、難度の高いジャンプへの挑戦を促す狙いもあるようだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)