武藤嘉紀、「世界一のチーム」リバプールの強さを実感して脱帽

武藤嘉紀、「世界一のチーム」リバプールの強さを実感して脱帽

武藤嘉紀、「世界一のチーム」リバプールの強さを実感して脱帽の画像

ベンチスタートの武藤嘉紀に出番の声がかかったのは、リバプールの2−1のリードで迎えた後半22分のことだった。
 武藤が素早くユニフォームに着替えると、テクニカルエリアでスティーブ・ブルース監督に背中をポンと押された。指揮官に短く言葉をかけられたあと、パラグアイ代表MFミゲル・アルミロンとの交代で5−4−1の右MFに入った。

武藤嘉紀がゴールを狙うも相手DFの壁は高かった

 この時間帯のニューカッスル・ユナイテッドは、完全に攻め手を失っていた。
 欧州王者のリバプールから前半8分に幸先よく先制すると、ニューカッスルはフィールドプレーヤー全員で守備を固めた。しかし、第3節のトッテナム・ホットスパー戦で機能した守備戦術は、すぐに崩壊する。前半28分に同点ゴールを被弾し、前半40分には逆転ゴールを奪われた。
 とくに、FWディボック・オリジの負傷でレギュラーFWのロベルト・フィルミーノがベンチから出てきた前半37分以降は、試合の流れが一気にリバプールへ傾いた。チャンスの山を築くリバプールに対し、ニューカッスルはコーナーに追い込まれたボクサーのように防戦一方にまわった。
 武藤は、そんな厳しい状況でピッチに入った。同点ゴールを奪うことに狙いを定めていたが、劣勢にまわっていたことから、右サイドのスペースに戻って守備に走る場面も少なくなかった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)