U−22のエース上田綺世。ストライカーとしての本質をさらけ出した

U−22のエース上田綺世。ストライカーとしての本質をさらけ出した

U−22のエース上田綺世。ストライカーとしての本質をさらけ出したの画像

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(7)
鹿島アントラーズ・上田綺世@前編

 久しぶりに現われた、生粋のストライカーだ。実業団のサッカーチームでFWとしてプレーしていた父の背中を追ってサッカーを始め、点を獲ることに何よりも執着してきた。

 父と一緒にサッカーを観ていたから、当時の憧れはガブリエル・バティストゥータ(元アルゼンチン代表)やフィリッポ・インザーギ(元イタリア代表)といった、ひと昔前のストライカーたち。東京五輪世代であるU−22日本代表のエース格で、法政大の3年生ながら今年7月に鹿島アントラーズとプロ契約を結んだ上田綺世。ストライカーとしての美学・哲学・本質に迫る。

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>


FW上田綺世(うえだ・あやせ)1998年8月28日、茨城県生まれ。法政大出身

―― “ストライカー上田綺世”をよく知るための質問を5つ用意してきました。どれもシンプルな質問なので、YES、NOで答えてください。

上田綺世(以下:上田) YESかNOですね。わかりました。

―― 自分のことをエゴイストだと思っている。

上田 難しいな……どちらかと言えば、YESなんじゃないですか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)