松島幸太朗は南アより桜ジャージーを選んだ。「日本への気持ちは大きい」

高校日本代表で初めて桜のジャージーに袖を通し、幼少時に日本国籍を取得して日本人の母と日本に住んでいた松島は、日本代表を選んだ。
 その松島の決断を受けて、当時の日本代表指揮官エディー・ジョーンズHCはすぐに声をかけた。松島は2013年秋の欧州遠征に招集され、日本選抜としてイングランドのクラブチームとの試合に出場する。そして、トップリーグのサントリーと契約し、2014年には代表初キャップを獲得すると2015年のワールドカップには中心選手としてピッチを駆け抜けた。

 その後、松島は「もっと上を目指したい」という理由で、サントリーに所属しながら2015年からの4年間、オーストラリアのワラターズ、レベルズ、そしてサンウルブズと、常にスーパーラグビーのチームに身を置いてレベルアップに力を注いだ。その結果、2017年度のトップリーグではサントリーを優勝に導き、シーズンMVPにも輝いた。

 この4年間、松島自身が一番伸びたと思うところは、スキルよりもメンタルだと言う。「どの試合でも落ち着いてプレーでき、考えながらプレーするようになった」。

 いよいよ迎える、2度目のワールドカップ。前回と今回の違いを、松島はこう語った。

「前回は『試合に出られればいい、先輩たちについていけばいい』という感じだったが、今回はリーダー陣のひとりとして臨むので、『チームがいい方向に進んでいるのか?』を見極めないといけない」

 また、日本開催のワールドカップをきっかけに、ラグビーのよさを少しでも広めたいと考えている。

関連記事(外部サイト)