菊谷崇が悔やむ日本代表の結末「勝っていたら次の4年が変わっていた」

ワン・チームがチーム内のキーワードで、さらにスタッフを含めて、グッドではなく、グレートになろうというのをやっていました」
――結局、1分け3敗で終わります。グレートには届かなったということですね。
「そうですね。結果がすべてなので」
――2011年の日本代表はワン・チームにはなれたのでしょうか。
「いい意味でも、悪い意味でも、選手主体だったので、ちょっとぶれた部分もあったのかなと思います」
――当時、日本代表は史上最強と言われていました。選手の力量は高かったですよね。
「選手の力量でいえば、全然、今の日本代表のほうが高いでしょうが……。たしかに僕らの力量も高かったと思います。ただ、ワールドカップで6人、ケガしたかな。そこがちょっと難しかったですね。あの時は現地にバックアップ・メンバーはいなかったので。けが人が出たあと、(入れ替えの補充は)全員、日本から呼んだのです」

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)