大坂なおみ、コーチ変更の理由は原点回帰 ジャーメイン・ジェイキンス氏との契約解消

大坂なおみ、コーチ変更の理由は原点回帰 ジャーメイン・ジェイキンス氏との契約解消

記事まとめ

  • 大坂なおみが、3月にコーチに就任したジャーメイン・ジェイキンス氏と契約を解消した
  • 大坂はコーチ変更について「何かを変えるには、今だと直感した」と語っている
  • 今は父親がコーチとして帯同、父は大坂のテニスの原点のため、原点回帰の意味も

大坂なおみ、コーチ変更の理由は原点回帰。「始まりの地」でリラックス

大坂なおみ、コーチ変更の理由は原点回帰。「始まりの地」でリラックス

大坂なおみ、コーチ変更の理由は原点回帰。「始まりの地」でリラックスの画像

「オオサカ生まれの人は、全員、オオサカさんになるのよ」

 そんなジョークで彼女がアメリカの記者たちを笑わせたのは、もう5年前のことである。


地元でのプレッシャーを楽しさに変え、順調に初戦を突破した大坂なおみ

 カリフォルニア州開催のWTAツアー大会に予選を勝ち上がって出場すると、彼女は初戦で当時19位のサム・ストーサー(オーストラリア)を大接戦の末に撃破した。

 まだ16歳、国籍は日本、オオサカ・シティ生まれのオオサカ・ナオミ――。

 大会のメディア担当者ですら、彼女に関してその程度の情報しか持ち合わせていなかった。ほぼ無名の少女による、あまりにセンセーショナルなツアーデビュー戦である。

 その当時の無名の少女は今年、2度のグランドスラムホルダーとして、3歳まで過ごした生まれ故郷に帰還した。

 例年は東京の有明コロシアムで開催される東レ・パンパシフィックオープンだが、同会場が東京オリンピックに向けて改装中のため、今年は大阪市開催の運びになった。会場は、西区にある靭(うつぼ)公園内の靭テニスセンター。そこは、父親と姉・まりが練習する横で、幼き日のなおみが戯れにラケットを振りボールを追った、言わば始まりの地である。

 今年、その始まりの地である靭テニスセンターの練習コートに向かう彼女には、トレーナーの茂木奈津子にパフォーマンスコーチのアブドゥル・シラー、そして両親が付き添っていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)