1年半前倒しでプロ入り。上田綺世がアントラーズ行きを決断した真相

1年半前倒しでプロ入り。上田綺世がアントラーズ行きを決断した真相

1年半前倒しでプロ入り。上田綺世がアントラーズ行きを決断した真相の画像

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(7)
鹿島アントラーズ・上田綺世@後編

 5つの質問をもとに”ストライカー上田綺世”の本質に迫った前編に続き、後編も引き続き、この生粋の点取り屋の思考法について探った。

 シュートを打つ瞬間、果たしてその頭の中には、どんなイメージが描かれているのか……。また、なぜプロ入りのタイミングを1年半早めたのか、なぜ鹿島アントラーズだったのか。この夏に下した決断の真相についても訊いた。

「鹿島アントラーズ・上田綺世@前編」はこちら>>>

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>


FW上田綺世(うえだ・あやせ)1998年8月28日、茨城県生まれ。法政大出身

―― 5つの質問の最後で、「なり代わってみたいFWはいない」ということでした。もちろん、あり得ない話ですけど、憧れていたガブリエル・バティストゥータ(元アルゼンチン代表)やフィリッポ・インザーギ(元イタリア代表)の頭の中をのぞいてみたいとも思わない?

上田綺世(以下:上田) 思わないですね。彼らもそうだと思いますよ。自分のスタイルで、それぞれやっているわけですから。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)