スコアアップに不可欠な15〜20ヤードのアプローチを成功させる秘訣

スコアアップに不可欠な15〜20ヤードのアプローチを成功させる秘訣

スコアアップに不可欠な15〜20ヤードのアプローチを成功させる秘訣の画像

世界一流コーチのメソッドで解消する
アマチュアゴルファーの悩み(2)
――アプローチ編




 若き日よりアメリカに渡った吉田洋一郎氏は、「世界ナンバー1のゴルフコーチ」とも称されるデビッド・レッドベター氏ら、およそ100名以上の一流インストラクターに最先端のゴルフ(レッスン)メソッドを学んできた。

 レッスンのプロが100人いれば、100通りの理論があるのが、ゴルフというスポーツ。本連載では世界のトップゴルファーが取り入れている技術、思考法、トレーニング法を、吉田氏が日本のアマチュアゴルファーのために特化して、伝授する――。

◆レッスン3:15〜20ヤードのアプローチ(理論編)
フェース面でボールを上げようとせず、
いかにバウンス部分を芝に滑らせるかが大事



 ドライバーショットも、パターも同じ1打です。しかし、ティーショットやセカンドショットに気を取られるあまり、ショートゲームを軽視しがちなのが初心のアマチュアゴルファーではないでしょうか。

 スコアメイクで重要なのは、パッティングとともにグリーン周りからの寄せ、アプローチです。とりわけ、ピンまで15〜20ヤードを確実に1パットの距離に寄せられることで、スコアは飛躍的に伸びていきます。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)