スコアアップに不可欠な15〜20ヤードのアプローチを成功させる秘訣


●意識はソールに





フェースを開き、ソール部分を意識して、バウンスを滑らせる軌道の中でボールをとらえる感覚をつかめば、自然とボールは上がってくれる。

×




写真のようにリーディングエッジがボールに当たってしまえばトップになってしまう。

×




フェース面でボールをとらえようとすると、ざっくりの原因になってしまう。
●キャリーとランの比率が1対4のアプローチ












ランを出したい場合、SWや58度のウエッジをハンドファーストに構え、ロフトを立たせて打とうとすると、難度の高いアプローチになってしまい、シャンクなどにもなりやすい。最初からロフトが立っている8番アイアンを手にし、パターのように振り子運動でボールをとらえることで、容易にランの出るアプローチが可能になる。インパクト後、ヘッドを前方に出すようなイメージを持つ。

●ハンドファーストは禁物
×




ウエッジにしろ、8番アイアンにしろ、アプローチではハンドファーストには構えないこと。リーディングエッジが芝生に突き刺さってしまう原因になる。

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)