【ラグビーW杯】日本代表の初戦・ロシア戦は田村優、流大、田中史朗のハーフ陣がカギ

【ラグビーW杯】日本代表の初戦・ロシア戦は田村優、流大、田中史朗のハーフ陣がカギ

記事まとめ

  • 9月20日に開幕するラグビーワールドカップの初戦で、日本代表はロシア代表と対戦する
  • キャプテンのFLリーチ マイケルは「(開幕戦は)予選プールで一番大事な試合」と語る
  • ロシア戦は田村優(左)、流大(中央)、田中史朗(右)のハーフ陣がカギを握るという

ラグビー日本代表が勝利へ。ロシア戦ではハーフ陣の活躍がカギを握る

ラグビー日本代表が勝利へ。ロシア戦ではハーフ陣の活躍がカギを握る

ラグビー日本代表が勝利へ。ロシア戦ではハーフ陣の活躍がカギを握るの画像

9月20日、ついにラグビーワールドカップが開幕する。世界ランキング10位の日本代表が東京スタジアムで迎え撃つワールドカップ初戦の相手は、同20位のロシア代表だ。

「(開幕戦は)予選プールで、一番大事な試合」

 キャプテンのFL(フランカー)リーチ マイケル(東芝)がそう位置づけているように、まずはロシア戦に快勝して勢いに乗りたいところだろう。


田村優(左)、流大(中央)、田中史朗(右)のハーフ団がカギを握る

 前回大会、日本代表は予選プールで3勝を挙げながらも勝ち点差で3位となり、準々決勝に進めなかった。予選プールで3勝しても決勝トーナメントに進めなかったのは、大会史上初めてのことだった。

 今回、日本代表が予選プールAで対戦する相手のなかで、ロシア代表は一番の格下。開幕戦では必ず4トライ以上のボーナスポイントを得て勝利し、勝ち点5を獲得したいところだ。それが最低条件でもある(※)。

※勝ち点の加算法/勝利=4ポイント、引き分け=2ポイント、敗戦=0ポイント。ボーナスポイントとして、勝敗にかかわらずトライ数が4個以上=1ポイント、7点差以内での敗戦=1ポイント。

 開幕戦の2日前、ロシア代表、日本代表ともにメンバーが発表された。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)