遠藤保仁タイプ。70年代欧州サッカー、忘れられない孤高の天才がいる

遠藤保仁タイプ。70年代欧州サッカー、忘れられない孤高の天才がいる

遠藤保仁タイプ。70年代欧州サッカー、忘れられない孤高の天才がいるの画像

スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第3回
サッカーのスーパースターの中には、その才能をいかんなく発揮しながら、タイトルに恵まれなかった悲運の選手たちがいる。サッカースターやレジェンドプレーヤーの逸話をつなぎながら、その背景にある技術、戦術、社会、文化を探っていく連載。第3回は1970年代の名プレーメーカー、ギュンター・ネッツァーを紹介する。
◆ ◆ ◆
70年代のアイコン

「あれ、そんなに大きくないんだな」と、本人を見た時に思った。たしか、ポルトガルで開催されたユーロ2004の時だったと記憶している。

 ギュンター・ネッツァーはもっと大男だと勝手に思っていたのだ。1970年代の名プレーメーカーだった。ブロンドの長髪をなびかせて、フィールド全体を仕切っていた。


1972年のヨーロッパ選手権を制したネッツァー(写真右)とベッケンバウアー(同左)

「簡単なプレーと難しいプレーがあるなら、僕は難しいほうを選ぶ」

 のちにロベルト・バッジョが同じことを言っていたが、ネッツァーも繊細でどこか儚いイメージがある。悲劇的なヒーロー。シューズのサイズは30センチあり、ボールにカーブをかけるためにさらに大きいものを履いていたという。

 走るフォームは豪快で、中盤を一気に通過していくドリブルは鉈でぶった切るような迫力があった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)