永井秀樹が明かす突然の監督就任の裏側。ヴェルディ再建へ腹をくくった

永井秀樹が明かす突然の監督就任の裏側。ヴェルディ再建へ腹をくくった

永井秀樹が明かす突然の監督就任の裏側。ヴェルディ再建へ腹をくくったの画像

永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(1)

準備期間わずか3日で、Jリーグ監督デビューをした永井秀樹

受け入れた社長の想いと
ユースチームへの心残り
「トップチーム監督を引き受けること自体は、何の迷いもなかった」と永井秀樹は答えた。
 ただ、ひとつだけ心残りは、まもなく大一番に挑む、愛弟子たちの姿を見ないまま離れなければならないこと――。監督を務めていたユースの現場を離れる未練は、そう簡単に断ち切ることはできなかった。
 電撃的な監督就任から1カ月が経とうとしていた8月某日。旧知の仲である永井と久々に会うことになった。
 待ち合わせに指定された場所は、東京プリンスホテル。日本に初めてプロサッカーリーグが誕生した1993年、26年前のJリーグ開幕前夜、横浜マリノスとの試合に備えるヴェルディの選手が宿泊したホテルだ。当時22歳だった永井も、日本サッカーの新たな幕開けとなった歴史的な一戦のベンチメンバーに入り、そこから45歳になるまでJリーグの歴史を刻むことになる。
「春先から、羽生(英之)社長からは、何があってもいいように、準備だけはしておくよう言われていた。でも、まさかこれほど突然決まるとは、さすがに予想できなかった」(永井)
 クラブ創設50周年という節目の今季、11年ぶりのJ1復帰を目指す東京ヴェルディは7月17日、成績不振によりギャリー・ジョン・ホワイト監督の退任を発表した。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)