石川真佑は敵将も認める「日本の宝」。低身長を補う対応力がすごい

石川真佑は敵将も認める「日本の宝」。低身長を補う対応力がすごい

石川真佑は敵将も認める「日本の宝」。低身長を補う対応力がすごいの画像

バレーボール女子のワールドカップ(W杯)で苦戦が続く日本に、差し込むひと筋の光のような選手がいる。今季、初めて代表に選出された19歳のアタッカー・石川真佑(東レアローズ)だ。

全日本デビューのW杯で活躍する石川

 初戦のドミニカ共和国戦でいきなり代表デビュー。ピンチサーバーとして全4セットで出場した。1万人を超える大観衆の中でのプレーに、「最初、コートに立ったときはすごく緊張した」と初々しく笑った。それでもサーブで相手を崩し、自ら相手のスパイクをレシーブしてブレイクポイントを奪うなど、強心臓ぶりを見せつけた。
 イタリア・セリエAでプレーする、男子代表エースの石川祐希(パドバ)を兄に持つ。強豪の長野・裾花中から東京・下北沢成徳高に進み、高校時代は1年生から主力として活躍。全国制覇も経験し、進んだVリーグ1部の東レでも1年目から出場機会を得るなど、実力は折り紙つきだ。
 だが、大会前には「目指していたけど、この舞台に立てると思っていなかった。自分でもびっくり」と明かすほど、サプライズのメンバー入りだった。7月の世界ジュニア選手権と、20歳以下の日本代表が主体で臨んだ8月のアジア選手権を制する原動力となり、ともに最優秀選手に選ばれたことで、W杯直前の8月末に招集されたのだ。
 身長171cm。アタッカーとしては新鍋理沙(久光製薬スプリングス/173cm)と並んでチームでもっとも小さい。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)