ヴェルディ監督への想い。永井秀樹はユースで「合唱」を練習していた

ヴェルディ監督への想い。永井秀樹はユースで「合唱」を練習していた

ヴェルディ監督への想い。永井秀樹はユースで「合唱」を練習していたの画像

永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(2)
(1)はこちら>>

ヴェルディ再建のためにトップチームの指揮を執る永井秀樹

 トップチームでもぶれない信念
「ヴェルディらしいサッカー」
 羽生英之社長の想いを受けて、永井秀樹は7月17日からトップチームの監督に就任した。その初日、永井はどう過ごしたのか、就任して1カ月。そのときのことを聞いてみた。
 トップチームに就任した7月17日、クラブハウスに向かう車のなかで永井は、槇原敬之の『世界に一つだけの花』オーケストラヴァージョンを繰り返し聴いていたという。その曲は、クラブユース選手権で優勝して日本一になった時、ユースの教え子たちに歌わせようと、練習させていた曲だった。
「ある日のミーティングで、選手たちに『俺たちが目指すのは、全員で共有し、共鳴してプレーして、観る人たちを感動させられるサッカーだ。『じゃあサッカーやスポーツ以外で、みんなで共有、共鳴して人々に感動を与えるようなエンターテインメントは何があるか』と質問した時、ある選手が『合唱やオーケストラ』と答えた。『その通りだ。俺たちは夏のクラブユースで優勝、日本一になるために心をひとつに合わせたい。そのために明日から合唱の練習を始めるぞ』と話をしたのが最初だった。
『応援してくれた両親や友達、サポーターに感謝の気持ちを込めて、クラブユースで優勝したら観客席に向かって合唱し、感謝の気持ちを伝えよう』と話した。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)