オールブラックスのハカに興奮。「ダブルスタンドオフ」がプレーで魅了

オールブラックスのハカに興奮。「ダブルスタンドオフ」がプレーで魅了

オールブラックスのハカに興奮。「ダブルスタンドオフ」がプレーで魅了の画像

オールブラックスが、勝負所で強さを発揮し、ワールドカップの予選プールでの無敗記録を29に伸ばした。

オールブラックスの中心選手でフルバックのボーデン・バレット


 9月20日(金)に開幕したラグビーワールドカップは2日目の21日(土)も3試合が行なわれた。神奈川・横浜国際総合競技場で、予選プール最大の注目カード、3連覇を目指す「オールブラックス」ことニュージーランド代表(世界ランキング2位)と優勝2回を誇る「スプリングボクス」こと南アフリカ代表(同4位)が激突した。
 決勝のカードといってもおかしくない世界的に耳目を集めた予選プールBの初戦、互いのチームのジャージーを着ている人だけでなく、日本代表や、22日に同スタジアムで試合を行なうアイルランドとスコットランドのジャージーを着た人も駆けつけ、64000人あまりの観客が集った。
 試合前の関心事は、なんと言ってもオールブラックスの戦いの踊り「ハカ」だ。2種類あるが、初戦から大事な試合しか披露しない、2005年にオールブラックスのために作られた「カパ・オ・パンゴ(黒い服の戦士と銀の羊歯という意味)」を選択。しかも、ハカのリーダーSH(スクラムハーフ)のTJ・ペレナラだけでなく、キャプテンのNo.8(ナンバーエイト)キーラン・リードがリードしながら後ろからせせり出てくる新しい形を見せた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)