ブラジル人記者が見た鹿島の強さ。ACL敗退もジーコはチームを誇った

ブラジル人記者が見た鹿島の強さ。ACL敗退もジーコはチームを誇った

ブラジル人記者が見た鹿島の強さ。ACL敗退もジーコはチームを誇ったの画像

世界中のほとんどの人は鹿島がどこにあるのかを知らないだろう。しかし、アジア最強のチームが鹿島アントラーズであることは、多くの者が知っている。2019年9月18日までは……。

 この日、アントラーズはホームに広州恒大を迎えた。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)準々決勝の2戦目。戦術的に最も優れた秩序を持つチームと、潤沢な資金を持った強靭なチームの戦いだ。1戦目の広州で行なわれた試合はスコアレスドローだったため、鹿島が準決勝に駒を進めるにはどうしても勝たなければいけなかった。しかし、結果は1−1の引き分けに終わり、鹿島は敗退した。


広州恒大の前にACLで敗退した鹿島アントラーズ photo by Etsuo Hara/Getty Images

 この夜、より優れたパフォーマンスを見せたのは鹿島の方だったし、MVPに選ばれたのは鹿島のレオ・シルバだった。シュート数も広州の6に対して鹿島は16と10本も多く、ボールポゼッションは鹿島の60%に対して広州が40%だった。

 ブラジル人にとって最も重要なデータは、まずゴール枠に飛んだシュート数、その次に正確なパスの数となる。この日の鹿島のパス成功率はなんと80%、広州は73%だった。つまり鹿島はすべての数字において広州恒大を凌駕していた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)