末續慎吾が100m9秒台の日本人3選手を評価。「格が違う」のは?

末續慎吾が100m9秒台の日本人3選手を評価。「格が違う」のは?

末續慎吾が100m9秒台の日本人3選手を評価。「格が違う」のは?の画像

【陸上短距離 レジェンドインタビュー】
末續慎吾 後編

(前編はこちら>>)

 9月27日からカタールのドーハで行なわれる世界陸上は、日本の短距離陣に大きな期待が集まっている。4×100mリレーでの金メダルだけでなく、100m、200m個人でも決勝進出を狙える選手たちが揃っているからだ。

 2003年の世界陸上パリ大会で、日本陸上界初となる200mの銅メダルを獲得した末續慎吾に、現在の日本人選手たちの評価、今大会の注目ポイントを聞いた。


世界陸上で活躍が期待される、(左から)小池裕貴、サニブラウン・ハキーム、桐生祥秀 photo by Matsuo/AFLO SPORTS

――サニブラウン・ハキーム選手が100mと200mの二冠を達成した、6月の日本選手権をどう見ていましたか?

「アメリカのフロリダ大学でトレーニングを積むサニブラウン選手の”凱旋試合”となりましたが、僕は解説者の立場で見ていました。『日本陸上界に新しい時代が到来した』と言える大会だったと思います」

――また、7月に行なわれたダイヤモンドリーグのロンドン大会100mで、小池裕貴選手が9秒98を記録しました。

「小池選手が日本人の考え方で、国内でトレーニングを積んで9秒台を出したことがうれしかったですね。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)