悲運と戦い抜いたロベルト・バッジョ。背筋が寒くなるほどの美しさ

悲運と戦い抜いたロベルト・バッジョ。背筋が寒くなるほどの美しさ

悲運と戦い抜いたロベルト・バッジョ。背筋が寒くなるほどの美しさの画像

スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第4回
サッカーのスーパースターの中には、その才能をいかんなく発揮しながら、タイトルに恵まれなかった悲運の選手たちがいる。サッカースターやレジェンドプレーヤーの逸話をつなぎながら、その背景にある技術、戦術、社会、文化を探っていく連載。第4回は日本でもファンの多かった、あのイタリア人プレーヤーだ。
◆ ◆ ◆
ポニーテールとPK
「思いついたプレーの中で最も難しいものを選択する」
 ロベルト・バッジョはギュンター・ネッツァーと同じことを言っている。どちらも「悲運の天才」というイメージだ。

1994年のアメリカワールドカップでプレーしたバッジョ

 1994年アメリカワールドカップはバッジョの大会になるはずだった。
 筆者は偶然にもイタリアのすべての試合を見たが、前半戦のバッジョはまさに悲運のエースである。初戦のアイルランド戦はジュゼッペ・シニョーリと2トップを組んだが機能せず、0−1の黒星スタート。次のノルウェー戦はGKジャンルカ・パリュウカが退場処分となったことで途中交代。1−0で勝利したが、絶対的エースだったバッジョを引っ込めたアリゴ・サッキ監督の采配は物議を醸した。
 10人で戦わなければならない局面で、FWを下げるのは常識的な判断であり、この時のバッジョはアキレス腱を痛めていた事情もある。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)