井上尚弥に最大級の賛辞を贈るドネア。それでも「多くの欠点がある」

井上尚弥に最大級の賛辞を贈るドネア。それでも「多くの欠点がある」

井上尚弥に最大級の賛辞を贈るドネア。それでも「多くの欠点がある」の画像

“運命の一戦”が間近に迫っている。

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級の決勝戦、井上尚弥(大橋ジム)vsノニト・ドネア(フィリピン)戦が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで行なわれる。WBA、IBF世界バンタム級タイトルもかかった一戦は、日本ボクシング史上最大級のファイトとして注目度が高まっている。

 試合まで2カ月を切った9月14日。ラスベガスにいるドネアを訪ね、じっくりと話をきいた。5階級を制し、軽量級を代表する男にとっても、今回のタイトル戦が極めて重要な戦いであることは間違いない。かつて、井上の憧れでもあったスーパースターは、何を思って”アジアでのメガファイト”に臨むのか。


WBSS決勝の記者会見に臨んだ井上(左)とドネア(右)

――8月26日に都内で行なわれた井上戦の記者会見にあなたも出席されましたが、これまでも何度か日本を訪れているそうですね。今回の滞在はどうでしたか? 

「すばらしかったですよ。日本には多くの友人がいますし、本当に大好きな国です。漫画をはじめジャパニーズ・カルチャーも大のお気に入り。日本に行く時は、いつも最高の気分になるんです」

――あらためて、井上選手の印象を聞かせてもらえますか?

「いい選手ですね。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)