佐藤琢磨「最後ボロボロは自分らしい」。今季のインディカーを総括

佐藤琢磨「最後ボロボロは自分らしい」。今季のインディカーを総括

佐藤琢磨「最後ボロボロは自分らしい」。今季のインディカーを総括の画像

2019年インディカー・シリーズの最終戦は、カリフォルニア州のサンフランシスコから南に100マイルほどのモントレーというエリアで行なわれた。海からすぐの丘陵地帯に作られたアップダウンの激しいウェザーテック・レースウェー・ラグナセカでのインディカーレースは2004年以来だ。


来季もレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングでフル参戦すると発表した佐藤琢磨

 予選では、シリーズ第2戦で初優勝を飾った19歳のスーパールーキー、コルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング)がポールポジション(PP)を獲得。早くもキャリア3回目、しかも2戦連続のPPを手にしたハータは、レースでも他を寄せ付けない走りを見せて完勝を飾った。

 しかも、序盤は現役最多で史上2番目のタイトル獲得数(5回)を誇り、歴代3位の通算46勝を挙げているスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)と、終盤は2014年チャンピオンで、歴代2位のPP獲得数(57)、歴代6位タイの通算37勝を挙げているウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を相手に戦い、彼らの執拗な攻撃を見事に跳ね除けた。90周のレース中、83周をリードしての勝ちっぷりは、ルーキーとは思えない堂々たるもの。今シーズンはランキング7位に終わったが、来季はシリーズの中心的存在となりそうだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)