日本中が「エンジョイ・ラグビー」おじぎなど文化交流や尊重も始まった

日本中が「エンジョイ・ラグビー」おじぎなど文化交流や尊重も始まった

日本中が「エンジョイ・ラグビー」おじぎなど文化交流や尊重も始まったの画像

いわばリスペクトである。ラグビーの価値のひとつだ。ラグビーワールドカップ(W杯)1次リーグの好カード、ウェールズ代表対オーストラリア代表。試合後、両チームとも、スタンドの前に一列に並んで、深々と頭を下げた。

試合後に観客に向かっておじぎをするウエールズの選手たち


 開幕戦のロシアから、各チームに広がる日本ならではの「おじぎ」だった。9月29日。ほぼ満員の約4万8千人で埋まった東京スタジアムのスタンドから拍手が送られる。いい風景だった。
 試合は、「レッドドラゴンズ」の異名をとる赤いジャージのウェールズが、ゴールドのジャージの「ワラビーズ」(豪州代表の愛称)を、29−25で退けた。敗れはしたが、神戸製鋼でのプレー経験を持つ豪州のWTB(ウイング)、アダム・アシュリークーパーは、おじぎは「感謝の気持ちから」と説明してくれた。「日本の文化やラグビーの文化を尊重する気持ちからチームで始めたんです」。
 ラグビーはいい。とくにラグビーW杯は。世界のトップレベルのチーム同士がベストな布陣をそろえ、国・協会の威信をかけて、全力でぶつかる。
 スタンドでは、国歌などのアンセム(曲)が流れ、歌声で大きく揺れる。この日の試合前は、ウェールズの『ランド・オブ・マイ・ファーザーズ』、試合中には豪州の応援歌の『ワルツィング・マチルダ』も。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)