出てこい八村塁、渡邊雄太に続くスター。4年目のBリーグ開幕

出てこい八村塁、渡邊雄太に続くスター。4年目のBリーグ開幕

出てこい八村塁、渡邊雄太に続くスター。4年目のBリーグ開幕の画像

10月3日、いよいよB1リーグが開幕する。4シーズン目の優勝争いを予想するにあたり、まず気になるテーマがこれだ。

「アルバルク東京(東地区3位・全体7位/昨季成績、以下同)の3連覇に黄信号が点滅か?」


昨季のBリーグ新人王に輝いたシーホース三河の岡田侑大

 昨年のBリーグファイナルでMVPを獲得し、ワールドカップでも日本代表として活躍した馬場雄大(SF)がダラス・マーベリックスからのオファーを受け、チームを離脱することになった。日本バスケ界にとっては大きな価値のある挑戦だが、東京の戦力ダウンは間逃れない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 それでも、9月24日からタイで開催されたアジアクラブNo.1を決めるアジアチャンピオンズカップで、東京は初優勝を飾った。その強さは疑いようがない。

 3連覇のキーマンになりそうなのは、新加入の須田侑太郎(SG・SF)だろう。198cmの馬場と比べると、187cmの須田はサイズダウンこそするものの、馬場同様にディフェンス力に定評がある。

 さらに、馬場はリーグ随一のスラッシャーだったが、アウトサイドシュートに安定性を欠くことがあった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)