傳谷英里香さん、泳ぐ。スイム技術向上でより前へ!

傳谷英里香さん、泳ぐ。スイム技術向上でより前へ!

傳谷英里香さん、泳ぐ。スイム技術向上でより前へ!の画像

『傳谷英里香のGo for it!トライアスロン-Road to HONOLULU』
第5回●泳ぎで水を捉えるための手の動き
(第4回はこちら>>)
 傳谷英里香(でんや・えりか)さんが、来年5月に開催されるホノルルトライアスロン完走を目指してトレーニングを実施中! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームのヘッドコーチで、アスロニア・トライアスロンアカデミーでもディレクター兼ヘッドコーチを務める中島靖弘コーチ。レッスンの第5回は、泳ぎで水を捉えるための手の動きを教えてもらいます。

水着:エクサースーツミディアムカット、アクアフィットネス用セパレーツ(ミズノ)

●肘を動かさずに、8の字を描くように手を左右に動かす
中島靖弘コーチ(以下:中島コーチ)今回は、泳ぎを上達させるために重要な、スカーリングを学びましょう。

傳谷英里香(以下:傳谷)スカーリング……。聞きなれない言葉ですが、どういった動きなんですか?

中島コーチ わかりやすく言うと、水を捉える手の動きのことです。前回のスイムのレッスンで、肘を曲げて泳ぐことが大切だと説明しましたが、肘から先で水の塊を作って、それを押し出すことで大きな推進力が生まれるんです。肘を固定したまま、8の字を描くように手を左右に動かすんですが、うまくできると水を捉えている感覚がわかると思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)