相棒の藤吉信次はヴェルディ新監督・永井秀樹の働きをどう見ているか

相棒の藤吉信次はヴェルディ新監督・永井秀樹の働きをどう見ているか

相棒の藤吉信次はヴェルディ新監督・永井秀樹の働きをどう見ているかの画像

永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(4)
(3)はこちら>>


旧知の仲である藤吉信次(左)と永井秀樹(右)は、現在指導者としてともに戦っている

26年前は選手として、
今は指導者として支え合う
 今シーズン途中で急遽、トップチーム監督に就任した永井秀樹。課題は山積で日々試行錯誤の連続だが、J1昇格、そしてその先のヴェルディをつくるために思いをひとつにし、支えてくれる仲間がいる。中学時代からの親友で、ヴェルディ黄金期をともに過ごしたヘッドコーチの藤吉信次は、永井にとっては最大の心の拠り所になっている。
 今回は、「ヴェルディ再建」に奔走している永井を取り巻くひとりとして、ともに戦う藤吉に話を聞いた。
「まずは、永井のやりたいサッカーを自分も理解しなければいけない。気を遣うこともないので、疑問に思ったことや聞きたいことはすぐ確認します。永井が集中してチーム作りができる環境を作ることが、自分の仕事。永井が何を求めているのかを理解して、それをまわりに伝えていきたいと考えています」
 練習でも試合でも、監督である永井の隣にはいつも、藤吉がいた。サッカーの現場では「監督」、「ヘッドコーチ」ではなく「永井」、「藤吉」と呼び合い、プライベートでは昔から親しみを込めて「永井さん」、「藤吉さん」と呼び合う。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)