独特な戦術「フラット3」を駆使。手島和希は世界大会で何を感じたか

独特な戦術「フラット3」を駆使。手島和希は世界大会で何を感じたか

独特な戦術「フラット3」を駆使。手島和希は世界大会で何を感じたかの画像

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第15回:手島和希(前編)


ワールドユースでの戦いを振り返る手島和希

 1999年ワールドユース(現U−20W杯)・ナイジェリア大会、U−20日本代表の初戦の相手はカメルーンだった。

 その試合前日を迎えても、DFの手島和希は、フィリップ・トルシエ監督が志向するDFシステムである”フラット3”に対して、確かな手応えを得ているわけではなかった。だが、不思議と不安になることはなかったという。

「”フラット3”については、まだどれくらい大会で機能するか未知数でした。でも、手応えを感じているよりは、少しうまくいっていないぐらいのほうが、大会に入ってからよくなる傾向があるな、と思っていたんです」

 手島がそう思えたのは、”フラット3”習得のために、ひとつの山を越えた感もあったからだ。

 トルシエ監督がA代表との兼任でU−20代表の指揮官となったのは、1999年1月。その後、2月のブルキナファソ遠征で”フラット3”を本格的に導入した。

 手島にとって、その独特なシステムは未知なものであり、トルシエ監督という存在も、これまでに出会ったことのないタイプの指揮官だった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)