東京五輪4×100mで金メダル獲得のために、日本は何をすべきか?

東京五輪4×100mで金メダル獲得のために、日本は何をすべきか?

東京五輪4×100mで金メダル獲得のために、日本は何をすべきか?の画像

カタールのドーハで開催された世界陸上選手権9日目、男子4×100mリレー。メダルを期待されていた日本は、これまでの日本記録を0秒17上回る37秒43のアジア新記録を出し、アメリカとイギリスに次ぐ3位でゴールした。
 土江寛裕コーチはレースをこう振り返る。
「37秒4台は絶対に出るし、それが出れば金メダルも見えてくると話して送り出した。記録の面ではうれしかったですが、それでも銅だった。アメリカやイギリスがしっかりバトンパスをしたときは、まだまだ太刀打ちできないなとあらためて感じました」

新しい組み合わせでもアジア新を出し、銅メダルを獲得できた4×100mのメンバー

 ただ、ハイレベルな戦いの中でしっかりメダル圏内に位置していることは証明できた。
 前日の予選では、危機感もあった。ドーハのスタジアムは周囲をすっぽり覆われているドーム型ということもあり、1周すべてが追い風になることも多い。その中で日本は、小池祐貴(住友電工)、白石黄良々(セレスポ)、桐生祥秀(日本生命)、サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)のオーダーで臨んだが、タイムは37秒78で、「予選は安全バトンということで、受け手側がまだ思い切り(前に)出なかった」(土江コーチ)。
 同じ組では、土江コーチが「しっかり組んできたら強い」と言う南アフリカが世界歴代7位の37秒65で先着し、中国も37秒79。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)