古田敦也が西武戦で絶妙な判断。クロスプレーに右足ブロックで構えた

古田敦也が西武戦で絶妙な判断。クロスプレーに右足ブロックで構えた

古田敦也が西武戦で絶妙な判断。クロスプレーに右足ブロックで構えたの画像

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(44)

【司令塔】ヤクルト・古田敦也 後編(前編の記事はこちら>>)

【「1993年は4タテで勝つつもりだった」】

――1992(平成4)年は善戦むなしく3勝4敗でライオンズに敗れたものの、スワローズは1993年もセ・リーグを制し、日本シリーズに進出。相手は悲願のライオンズでした。この年は、戦前の手応えをどのように感じていましたか?

古田 全然、行けると思っていましたよ。(ジャック・)ハウエルがいて、広沢(克己/現・広澤克実)さんがいて、池山(隆寛)がいて、僕がいて、野手陣はメンバーがそろっていたし、投手陣も川崎(憲次郎)が戻ってきていましたからね。この年は「4タテで勝ってやろう」と思っていました。実際に4タテできるとは思っていないですよ。でも、「ひとつも負けたくない」って思っていたし、自信もありましたしね。


1993年の日本シリーズ第4戦に先発した川崎とキャッチャーの古田 photo by Sankei Visual

――この年、ライオンズではオレステス・デストラーデ選手がメジャーに復帰。ライオンズ打線に大きな穴が開きました。

古田 いや、それはあまり感じませんでしたね。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)